逆にモテない!?女子のモテテクニックとは

女子といえば男子にどうすればモテるかというテクニックをいつも意識しているでしょう。でも、モテると思ってしていることが逆にモテないという場合もあるようです。では、どんなテクニックが逆効果となってしまうんでしょうか?

頭から足先まで完璧な仕上がりはNG

合コンやデートというといつもよりかなり気合いを入れておしゃれをするのが女子というものです。確かに、可愛く見られたいためにおしゃれをしたいという女子は多いですが、あまりに頑張りすぎると男子からは引かれてしまう可能性が高いです。
特に、ヘアスタイルも完璧、メイクもしっかり、爪先までキラキラ、完全に女子のファッションスタイルでヒールの高い靴やちょっと露出度高めの服は逆効果になってしまいます。男子は案外自然体が好きなものなので、メイクはさりげなくナチュラルに仕上げて、シンプルな方が好きという人が多いみたいですよ。

明らかなボディタッチもNG

気になる男子がいたら女子としてはボディタッチで彼の気を引こうと考えますが、あからさまにくっついてきたりされると男子は引いてしまいます。ボディタッチについてはあくまでさりげなくがポイントですね。
ベタベタ触ってこられたら、あまりいい気分はしません。腕を組んできたり、膝をくっつけてきたりというのも度合いがあります。自然にするのは構いませんが、しっかりとした計画をもってのボディタッチはおすすめできません。

女子のみなさんどうでしたか?ぜひ今後の合コンの時にも参考にしてみてくださいね。

こんな飲み方は男子に引かれているかも?!

合コンといえば会場になるのはレストランや多くが居酒屋でしょう。ビールなどのアルコールを飲みながら料理を楽しむという流れが多いですよね。でも、合コンのときは女子は飲み方に注意した方がいいですよ。

周りのペースに合わせずハイペースで飲む

周りのペースと合わせられないこともよくありませんが、お酒の場でどんどん自分のペースで飲んでしまっては相手もびっくりしてしまいます。みんなはまだ1杯目なのにすでに数杯も飲んでいるということであれば、男子は引いてしまいます。そんなに飲むのかという点と、空気読めないのかなと思われてしまいます。

お酒のチョイスを慎重に

また、気をつけたいことがお酒のチョイスです。いきなり焼酎や日本酒ばかり選んでいると完全にオヤジ化した女子となってしまいます。せっかくの合コンなんですから、最初はとりあえず女子らしいカクテルやサワーなどから注文することをおすすめします。
その後中盤以降に差し掛かった頃に男子と一緒に焼酎飲んでみようかなという流れはいいと思います。

酔って人の悪口や説教っぽくなるのもNG

せっかくの楽しい合コンの場でも酔ってしまうことで、いつもと違う自分をさらけ出すことになるかもしれません。たとえば、人の悪口を言い始めたり、男子に説教じみたことを言い出すとみんなに引かれてしまいます。
酔うとこんなふうに変わるんだという実態を知られてしまうことにもなりますね。これは、合コンでは避けたいところです。

飲み方は本当に大事ですね。失態をさらさなくて済むようにお酒のチョイスや飲み方は慎重にいきましょう。

入浴で浮腫み症状が悪化するケース

女性は浮腫み症状が起こりやすいです。その理由としては男性に比べても足の筋肉が少ないから。筋肉が少ないと水分や血液を心臓に戻すポンプ機能の働きをも低下する傾向にあります。浮腫み症状の予防や治療で注目されるのは静脈の流れを良くすることです。

反対に足に行ってしまう動脈の血液の流れを良くしてしまうと血管からの血液の染み出しが増える傾向にあり静脈の流れが良くない時には逆効果で浮腫み症状が酷くなるケースが存在します。

よく浮腫み解消は足元から温めることが推奨されていますが、逆に悪化させる温め方もあるので注意をしておきましょう。

まず掘りごたつです。確かに下半身がとってもポカポカになって温かいです。ですが、その理由としては下半身にくる動脈の流れ、血液が強くなるからです。掘りごたつの作り上、どうしても足は垂れ下がった状態になります。この状態だと足の血液の流れは動きません。

そうなれば本来、心臓に送り届けられるはずの血液が足に溜まってしまい浮腫み症状となって現れてきます。

これと同じことが入浴でもあります。

入浴や足湯といったものも長時間、熱いお湯に浸かっていると掘りごたつと同じような症状が下半身には起きています。基本的にやり方さえ間違わなければ自宅で手軽にできる浮腫み解消方法が入浴にあたりますが、熱いお湯で長時間の長湯は浮腫み症状を悪化させてしまうことを覚えておきましょう。

同時に静脈の流れを良くするために入浴後は足首〜太ももにかけて下から上へとマッサージを行うのも良いです。ストレッチ、マッサージ、心臓より高い位置で足を上げて静止させるといったエクササイズは下半身に溜まった水分や血液を心臓へと送り返す役割になります。

最後にまとめると動脈の流れを良くしたのであれば静脈の流れも良くすることが浮腫み解消には大切。同時に普段から下半身の筋肉を利用しない方は一日、10分でも良いので簡単なストレッチなどをして筋肉をほぐす。つける努力をすることで女性の悩みである浮腫み症状の改善ができます。

非24時間睡眠覚醒症候群の改善とは?

看護師さんの画像

非24時間睡眠覚醒症候群とは毎日の睡眠時間が一定の割合で遅れてくる症状です。これの改善には毎日の規則正しい生活が鍵とされています。

まずは食事をしっかりと3食食べること。朝、昼、晩といったようにリズムをつけて毎日同じ時間に食べるようにします。そして日中はできるだけ活発に動き、太陽光を浴びることも体のリズムを作るものとなります。朝日はもちろんですが、昼間の日光浴も睡眠にはとても大事な要素です。

医療機関で行う治療方法も光を活用したものがあります。

高照度光療法と呼ばれるもので朝日などのような太陽光に似せた光を数時間が浴びせて体のリズムを整える作用があるものです。

もう一つが睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンを内服する治療方法もあります。実はメラトニンは光の量によって分泌量を決める性質があるようで、網膜から受ける光の量を受け取り分泌される量が決まる仕組みになっているのです。

ですので夜になると自然と光の量というのは減少してきます。すると脳の中ではこのメラトニンを分泌しだす機能が働き、眠気が起こってくるわけです。

このメラトニンの分泌は光を浴びてから12時間〜16時間たつと増えてきて、それから1時間〜2時間くらいして体が徐々に眠気体質となってきます。

メラトニンは体内で生成されるものではなく、食事などの栄養素から摂取したアミノ酸が体の中で変化していきメラトニンとして脳内で変換されます。ですから規則正しいバランスのとれた食事というのは非常に大切な意味を持つのです。体の中の順序でいうとトリプトファン⇒セロトニン⇒メラトニンといった具合に変化してきます。

私たちが摂取できるのが食事からアミノ酸であるトリプトファンなどを取り込むことです。一定量を摂取することによりセロトニンも生成されセロトニンが脳に到達するとメラトニンとなります。

食事での摂取が難しい場合はトリプトファンを含んだ補助食品としてサプリメントなども販売されていますので寝付きが悪いなどの症状の場合には活用してあげると良いと不眠を克服できる一因となるかもしれません。

【トリプトファンを含むサプリ紹介サイト】
睡眠サプリ.com

上のサイトで紹介されているようなのがいわゆる睡眠サプリと呼ばれるものです。必須アミノ酸や体の疲れを癒やすハーブや植物素材を原料にして構成されていますので睡眠導入剤などよりも安心・安全に使うことができます。

夏の脚を露出する前に使いたい下半身向けサプリメント!

美脚

夏に近づくにつれてファッションも薄着になってきます。女性の場合は肌を最大限露出できるシーズンでもありスタイルを良く見せようと夏前になるとエステに通ったり、脱毛したりなど美容にお金がかかる時期でもあります。

エステに通えば数十万は飛んでいく可能性もありますよね。

そこでナースにも人気のカリウムを配合した脚やせサプリを使ってあげると非常に効率的となります。エステに通うよりも断然安く美脚を手に入れる期待ができるので非常に良いです。

このサプリの特徴は植物成分から採取したカリウムや美容成分が内側から効いてきてむくみの原因となる物質を体外に排泄する役割があります。なのでマッサージと組み合わせると非常に効果も早く実感できるものになっていますね。

使うとお勧めな人は年齢をかさねて下半身が太ってきた人や立ち仕事、座り仕事が多い人たちです。

脚を心臓よりも高くあげる機会がない人には最適です。実は女性の大半の下半身太りが脂肪や水太りによるものだったりします。それを解決できるので下半身がスッキリして痩身になることができるのです。

私たちナースもやっぱり仕事柄、立っている時間や歩きまわっている時間が長いので夕方や夜になると脚は疲労しており、パンパンにむくむ日が多々あります。

そんな日の夜に飲んでおくと翌日はスッキリとしており、続けているとむくみもなくなってきます。色々なサプリがありますが、私のお勧めを言えば「するるのおめぐ実」と呼ばれるサプリになりますね。

値段も安いし配合成分もシンプルで余計なものが入っていません。これからの季節は下半身を気にする女性も増えてくると思いますので、エステの予約がとれない。高くて通うことができない人はチェックしてみてくださいね(・ω<)

日中の強い眠気は治療が必要!?

寝ている女性

ナルコレプシーといった言葉を御存知ですか?これは日中になると強い眠気に襲われる症状です。ナルコは睡眠といった意味があり、レプシーは発作といった意味合いがあるそうです。つまり睡眠の発作といった意味に捉えることができます。

このナルコレプシーの怖いところは本人に意思とは関係なく日中になると強い眠気に襲われて、自然と寝てしまうことです。寝る時間は短く、起きるとすごく爽快な気分になっているのですが、車の運転中や仕事の最中では危険が伴う危険性がありよくありません。

そして起きた数時間が良いのですが、再度眠気に襲われる可能性もあります。

ナルコレプシーによって眠っている人はちょっとした刺激や物音でも起きる傾向があるのですが、居眠りと判断されるケースが多く、社会生活において非常に不利に働くケースが置いです。また本人も病気といった自覚症状がない場合も多く、放置しがちな病気でもあります。

ナルコレプシーは主に10代〜20代前半に集中することがあり、慢性疾患とされていますので早期治療で解決する必要があります。大事な試験や仕事中に発作が起こってしまうと後戻りができませんからね。

日中に強い眠気に襲われて、作業をしていても寝てしまうといった方は早急に医者にいって相談をすることが大切となります。

ナースに人気の下半身対策グッズとは?

看護師の画像

私が看護師の時代に人気だったアイテムの話をしようと思います。実はナースは非常にハードな仕事でもあります。病棟を歩き回ったり、患者さんの悩みに付き合ったりと休む暇がありません。仕事も立ち仕事が多く、常に下半身を気にする生活をするケースが多いのが特徴です。

私が働いていたころも過酷なワークのなかで下半身がパンパンに腫れたり、むくみによって履いている靴がキツくなったりなどの本人しかわかならないトラブルはあらゆるとこで多発していました。

私もその1人です。私の場合は下半身のむくみです。

歩き回ったり、立ち仕事が多い中で夕方や夜になると歩くの辛いほどパンパンな状況になった時もありました。同じく同僚の方もです。

この時に少しでも下半身や足にかかる負担を軽減させるためにナースの間で流行ったのが着圧グッズです。ストッキングやタイツ、ソックスなどを季節に合わせて使いわけるようになりました。通常の靴下などよりも引き締め感が非常に強く巡りをよくしてくれるアイテムです。

休みの日にみんなでデパートに買いに行って病棟でも違和感なく履けるものをチョイスしました。その時は院長も同席したり、看護師長も一緒です。なんと皆が下半身のトラブルに悩んでいたのです。

着圧グッズを使ってからはかなり楽になり、夕方や夜になっても以前ほど、トラブルやキツさがなくなりました。

立ち仕事や座り仕事が多い女性でまだ着圧グッズを使ったことがない人がいたら使ってみてください!最初はすごく締め付けがキツくて痛みがある人もいるかもしれませんが、少し辛抱すれば慣れてきてすごく足が軽くなりますよ!

目の疲れが躊躇になってきたら眼精疲労の疑いがあり!

パソコン作業や細かい作業に集中していると時間を忘れて没頭してしまいがちです。その後になると目がすごく疲れているケースがある方は要注意が必要です。目の疲れや睡眠をとったり、目を休ませてあげることで深刻なほどに悪化するものではないので意外と軽視されがちなのですが、実はなかには治療を必要とするケースもあります。

単なる疲れ目と侮っていると実は裏に目の病気や体の病気が潜んでいる場合もありますので、疲れ目だからと軽視しないで治療や対策をとっていくことが大切となります。

よく聞く目のトラブルに眼精疲労があります。

この眼精疲労の特徴は目の疲れによって頭痛や肩こり、微熱などの体の不具合がでることです。原因としては目の筋肉の異常、調節機能の低下、視神経の疲労、他の病気による合併などが挙げられます。

放置をしておくと悪化するケースもありますので、早めに対策を取ることが大切です。一番良いのは目の違和感を感じたら眼科にいって診断を受けることです。

目は一生付き合うものですから、しっかりと自分で注意を払って健康を維持させることが最適なのです。

最後の手段!むくみ解消にレディースクリニックや美容クリニック!

レディースクリニックと呼ばれるところでもむくみを治すことができます。中にはマッサージや鍼灸、漢方などを使った方法で改善していくクリニックもあります。

むくみ外来と呼ばれる治療方法も存在しており、あまりなじみのない分野ですよね。ここでは循環器科の内科医が病状や、箇所、そして症状の程度について調べていきます。

次にむくみの原因になっている病気があるかなどを調べていきます。ここではそのために必要な検査をいくつか行います。採血検査やレントゲン、心電図、超音波検査などかなり本格的に行っていきます。そして病気が見つかれば本格的な治療へと入るのです。

また検査の結果で異常が見つからない場合は生理的なむくみと判断して、生活習慣や食生活による改善策についてのアドバイスを行うことになります。

基本的にむくみはゆっくりと改善されていく傾向が強くいきなりなくなるといったわけではく、根気のいる治療が必要となります。これは重度の浮腫み症状の場合ですが。。。

軽度の場合は1日〜1週間の間で実感がある方も多くいます。解消系グッズに頼っても改善されない場合はクリニックやむくみ外来に相談をするようにしてみましょうね。